alibaba_01
alibaba_02
alibaba_03
alibaba_04
alibaba_05
alibaba_06
alibaba_07
alibaba_08
alibaba_09
alibaba_10
alibaba_11
alibaba_12
alibaba_13
alibaba_14
alibaba_15
alibaba_16
alibaba_17
alibaba_18
alibaba_19
alibaba_20
alibaba_21
alibaba_22
alibaba_23
alibaba_24
alibaba_25
alibaba_26
alibaba_27
alibaba_28
alibaba_29
alibaba_30
alibaba_31
alibaba_32
alibaba_33
alibaba_34
alibaba_35
alibaba_36
alibaba_37
alibaba_38
alibaba_39
alibaba_40
Alibaba Japan Office
COMPLETION  |  2021.10
LOCATION  |  Tokyo , Japan
AREA  |  466.39 sqm
CLIENT  |  Alibaba Japan
INTERIOR DESIGN  |  RaS DESIGN OFFICE
LIGHTING DESIGN  |  FDS
CONSTRUCTION  |  PLUG-IN

PHOTO  |  Toshiyuki Yano
Alibaba Japanのオフィス増床に伴う内装設計。オフィスビル27Fの増床エリアに対し「社内外会議エリア」と「社内執務エリア」の二つの空間を求められた。

コロナを経て、他者との協働やコミュニケーションがオフィスの価値になりつつあるなか、その主体となる社内外会議室をまずは優先的に眺望の良い窓面に配置し、ラウンジをコア側に、それらに隣接する形で社内執務エリアを設けた。

セキュリティにより分節された二つの空間を設計する際、それぞれを別空間として設計するのではなく、二つの空間を構成する要素が両空間をまたがったり、片方の構成要素が片方の別要素になったりと、両空間を分節しつつも一体的な空間となる方法を考えた。具体的に言うと、会議エリア側のラウンジの天井・床は、そのまま執務エリア側の天井・床として、10mずつの合計20mの巨大なルーバー天井とフローリング床として両空間にまたがり形成している。加えて、会議エリア側の会議室を構成する壁面は、動線を超えて延長し、両空間を分節するガラス間仕切のマリオンになりつつ、その壁面端部は執務エリア側にとっての鉛直照明となる。

これにより両空間の境界面の存在が弱まり、エリア全体が一体的に感じられるオフィス空間となった。併せて、会議エリアと執務エリアの空間的設えに差を作らず等価に扱い、どちらも気持ちの良い空間性になることを意識した。社外・社内を分け隔てなく、行き来しながら柔軟に働けるオフィス空間を目指した。